美味しい食べ物と、美しい景色を求めて、まったりツーリング
プロフィール

mocchiママ

Author:mocchiママ
CB400SF RevoからCB1100、NC700S
NC750S黒に。
リターンしてから5台目となる
NC750S白で、おとーさん(CB1300SB)と
一緒にツーリング行ってます。

時々、おネェ(NC750S黒)も参加します。

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

高い所からの眺めは良いですね

2013.7.20

風が吹くと、ちょっとだけホッとするような気温の大阪です。
それでも、33℃はあるんですけどね。

2013.7.13

朝から曇り空です。
夜中にちょっと雨が降ったようですね。
朝食前に、露天風呂へ。

DSC_1284_convert_20130720003611.jpg

朝から、たっぷりの量です。
名物の『麦とろご飯』が美味しいです
『清流荘』 宿の方の対応も丁寧で、料理も美味しい、温泉も良いし大満足でした。
そして、もう一つ。。。
私たちが選んだコースには、一部屋に一つお土産が付きます。
それが・・・

DSC_1285_convert_20130720003626.jpg

どうです、このりっぱな スイカ
『スイカ』がお土産に付くのは知ってました。
でも、ここまで大きいとは思ってませんでした。最初はバイクで行こうとしてたんです。
家で量ったら、6㎏もありました これ、バイクで来てたらどうしましょう???
NC700なら、前のBOXにピッタリ入るかも?
でも、積載量は5㎏までなんですよね。
蓋を開けたら、割れてたなんてことになったら。。。
ほんま、車で良かった
スイカのシーズンが終わったら、パイナップル、二十世紀ナシ 1籠、リンゴ 1籠 貰えるんですって。
宿を出る時も、中居さんたちが私たちが見えなくなるまで見送ってくれました。
バイクだったら、緊張してエンストしちゃうかも

DSC_1296_convert_20130720003640.jpg

さて、私たちがまず向かうのは 『鳥取砂丘』です。
その前に、『道の駅 神話の里白うさぎ』
目の前には神話「因幡の白兎」で有名な白兎海岸が広がる道の駅です。

usagi2_convert_20130720004430.jpg

kaigan_convert_20130720004244.jpg

ここで、嬉しい出逢いがありました
GSX1400、GSR250 に乗られたお二人。

baike_convert_20130720004203.png

バイクの方を見ると、ついついお声を掛けたくなって。。。
湯村温泉からのツーリングの帰りで、雨に逢わないうちに米子まで帰られるというお二人。
な・なんと!!このブログをご存知だと
大阪で夫婦でNC700 に乗ってるって。。。珍しいかな?
バイクを通じての出会い むっちゃ嬉しいことです
拙いブログですが、よろしくお願いします

『白兎神社』

usagi1_convert_20130720004408.jpg

DSC_1308_convert_20130720003655.jpg

白兎神社は神話にちなみ、皮膚病ややけどなどに効く神社として信仰されてきました。
うさぎが傷口を洗い、治療したといわれる「御身洗(みたらし)池」があります。

DSC_1319_convert_20130720003908.jpg

さて、いよいよ『鳥取砂丘』

sakyuu_convert_20130720004326.jpg

この階段の向こうに 砂丘が広がってます。

DSC_1335_convert_20130720003945.jpg

DSC_1331_convert_20130720003927.jpg

砂丘のてっぺんまで行けば、海が広がってるようですが、とてもじゃないけど行く気しません
砂が細かく、数メートル歩くのさえ大変
ラクダも居ましたよ。
でもね、写真を撮るだけでも ¥100 掛かるんです。。。

ふっと見ると、展望台に向かってリフトがあります。
これは、是非とも乗らなくては。。。

rifuto_convert_20130720004304.jpg

なんせ、高いところが超苦手なおとーさん。
顔が引きつってますよ 
展望台は、窓が締め切ってったので暑くて暑くて。。。
下の階は、お土産物屋さんになってます。

『梨ソフトクリーム と 砂たまご』

tamago_convert_20130720004347.jpg

梨の味がしっかりしてました。美味しかったです。
『砂たまご』は、燻製っぽい色の固ゆでたまご。まぁ、ふつーかな?
いろんな種類の『らっきょう』も味見しましたよ。
塩、梅 などはよくありますが、梨味もあったんです。
最初はらっきょうの味、後でほんのり梨の味がするのです。
どちらかといえば、スィーツっぽい らっきょう? 美味しかったですよ。
でも、カレーには合わないかも。。。

さてさて、次に向かったのは、

『餘部鉄橋』

amarube3_convert_20130720235041.jpg

餘部鉄橋は新橋梁に架け替えられました。既に鉄橋はそのほとんどが解体撤去され、残された3本の橋脚の上には展望施設『餘部鉄橋空の駅』があります。
『空の駅』へ行くには、民家の間にある階段を上がっていきます。
約15分ほどで到着します。

amarube_convert_20130720004102.jpg

amarube2_convert_20130720004124.jpg

おとーさんが歩いてるのは、展望施設の線路です。
この「空の駅」は、餘部駅ホームに隣接した鉄橋展望台で、高さ約40メートルの場所にあります。
おとーさんは、決して下を見ようとはしませんでした

DSC_1437_convert_20130720003535.jpg

DSC_1404_convert_20130720003507.jpg

この頃、山沿いは激しい雨が降ってたようです。
大阪に向かうためには、その大雨の中を突っ切らないと行けません。
でも、車だから 大丈夫
丹波まで下道を走り、京都縦貫道を使って帰って来ました。

DSC_1453_convert_20130720004041.jpg

今回のお土産の一部です。
スイカ・・・さすがにスイカの名産地 鳥取ですね。味が濃くて美味しかった
砂丘長いも・・・すっごくネバネバ。とろろご飯 最高
スイカ・梨チューハイ・・・なかなかいけますこっちでも売ってほしいな。

やっと書き終わりました。
長々とお付き合いありがとうございました
スポンサーサイト

コメント

Re: 白兎

☆ M さん

> こんにちは。
> ブログに私達が載せてもらえるなんて!超~うれし~♪
> (しかし、写真撮らせてと言われた時、淡い期待が・・)
> 有難うございました。
いえいえ、こちらこそ ありがとうございました。
喜んで頂いて 嬉しいです♪

> ぜひ、またお会い出来ればうれしいです☆
大山は また行きたいと思ってます。
いつかお会いできるのを楽しみにしてますね。

Re: No title

☆ 影店 さん

> 長編、お疲れ様でしたv-424
> 内容が濃くって、2泊3日ぐらいに感じました。
いつもそうなんですが、初日の内容はしっかりと書くんですが、2日目はサラッと終わってしまいます。
だんだん記憶があやふやになって。。。

> 出雲大社や鳥取砂丘、餘部鉄橋といつか行ってみたいものです。
> 宿泊先も良いですね。お値段の割にお土産付きで、料理もv-426
日本海側を走るのも気持ちいいですよ。
車での旅行も良いものです。スイカ積めるし。。。
機会があれば行ってみてください。

白兎

こんにちは。
ブログに私達が載せてもらえるなんて!超~うれし~♪
(しかし、写真撮らせてと言われた時、淡い期待が・・)
有難うございました。
ぜひ、またお会い出来ればうれしいです☆

No title

長編、お疲れ様でしたv-424
内容が濃くって、2泊3日ぐらいに感じました。
出雲大社や鳥取砂丘、餘部鉄橋といつか行ってみたいものです。
宿泊先も良いですね。お値段の割にお土産付きで、料理もv-426

それぞれを詳しく書かれてるのも、スゴイ。
すぐに忘れてしまう+文章に出来ない=私達夫婦(>_<)
お天気予報のおかげ?で、大量のお土産が持って帰れて正解でしたね。

Re: No title

☆ 剣片喰 さん

>  レポお疲れさまでした。
>  満喫されてきたようですね。
はい。
初めてのとこばかりでした。
平日の出雲大社はのんびり拝観することができましたが、この3連休は列をなしてたそうです。

>  バイクで行けなかったのが残念・・・だったのかな?
>  車の利点が勝っていたような???
今回は車で良かったかも?
あのスイカ バイクだったらどうしてたかな?
遠慮するという選択肢は無いもんで。。。

>  次はバイクでお出かけでしょうか。
>  また拝見させていただきます。
8末の信州はバイクで行きたいものです。

No title

 レポお疲れさまでした。
 満喫されてきたようですね。
 バイクで行けなかったのが残念・・・だったのかな?
 車の利点が勝っていたような???

 次はバイクでお出かけでしょうか。
 また拝見させていただきます。
非公開コメント

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示