美味しい食べ物と、美しい景色を求めて、まったりツーリング
プロフィール

mocchiママ

Author:mocchiママ
CB400SF RevoからCB1100、NC700S
NC750S黒に。
リターンしてから5台目となる
NC750S白で、おとーさん(CB1300SB)と
一緒にツーリング行ってます。

時々、おネェ(NC750S黒)も参加します。

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

今日も元気だ、バイクは楽しい!

2012.2.24

朝から良いお天気で、暖かかったですね。
ほんま、ツーリングにもってこいの1日でした。
そんな今日、私たち2人はお休みでした
さぁ、ここはツーリングのレポといきたいとこですが・・・
残念ながら、人間ドックに行ってたのです

9時前にクリニックに着いたのですが、今日は人多いです。
時間掛かるやろうな・・・

まずは、身長、体重、体脂肪の測定です。
乗るだけで全部計れるんです。

 全て ふ・え・て・る  なぜか身長までも・・・

初っ端から ショックです

一通りの検査をして、私の一番苦手な検査がやってきました。
バリウム飲んで 胃のレントゲン。
この検査が、嫌で嫌で・・・

「じゃぁ、最初にこの重曹を口に入れて、この水で飲みましょうか。
ゲップ我慢してくださいね。」

うゎ、今回の重曹 去年の倍やん!!
水は、去年より少しだけ多いけど、この水にもバリウム入ってるやん!!

「はい。次はこのバリウム全部飲んでくださいね。」

バリウム飲むときって、一度嫌やと思ったら喉通らないんですよね。
頑張りましたよ。何も考えずに流し込みました。
その後、あっち向いたりこっち向いたり 逆さになったり・・・
終わったら、ほっ というより、ゲップ!!

全てが終わったら、先生から結果を聞きます。
この待ち時間が嫌なもんですね。

結果、私は 「規則正しい食事と適度な運動をしましょう」 とだけ。
おとーさんは、見ての通り、「脂肪の付き過ぎです」だって。
でもね、昨夜 お酒をひかえた結果はバッチリ出てましたよ。
まぁ、これからも健康に気をつけて、バイクライフを楽しみましょう

この人間ドックには、お昼ご飯が付いてます。

IMG_0242_convert_20120224192158.jpg

おとーさんは、ちらし寿司

IMG_0245_convert_20120224192232.jpg

私は、とろろ膳

IMG_0243_convert_20120224192215.jpg

毎年同じものを注文してるような・・・

この後、こんなとこ寄って、

IMG_0246_convert_20120224192251.jpg

家に帰ったら、こんなに沢山のDMが

IMG_0249_convert_20120224192312.jpg

おとーさん、おネェ、おニィ そして、私宛です。
まぁ、みんなドリームで買ってますからね。

で、早速行って来ましたよ。

IMG_0061_convert_20120224192054.jpg

どうやら、私たちが一番乗りみたいです。
ナンバープレートをつけてもらって、早速試乗です。

IMG_0065_convert_20120224192139.jpg

おとーさん、身長178cm、足短めでこんなもんです。

shAbw5RuKIbjO7T.png

乗った感想は (以下おとーさん)

NC700Xの感想

ドリームに到着した時は試乗車はナンバープレート未装着状態で、試乗のお願いをすると店長の机の上にあったナンバープレートを取り付けてもらい、試乗出来るようにしてもらいました。

シート幅があるので何とか両足が着く程度です。
面積が広くなり面圧が下がるので薄さを感じますが座り心地は中々でした。

インジェクションによりあっさりと始動します。
エンジンが暖まっていないのでしばらく暖気、その間にちょっと小さめのミラーを調整、ウインカーとホーンスイッチがCB1100と異なり、現行CB1300タイプのため進路変更等で注意が必要なのを心に留め出発しました。
発進は2気筒のため、エンジン回転数は少し高めにした方がスムーズになります。
加速性能は、街中では全く問題なく3500回転も回せばお縄になるスピードまで簡単に到達します。
サスペンションも突き上げ感がなく良い感じです。
この感覚はタンデムでも変わりませんでした。

トップの6速は60キロではギクシャク感があるので、高速道路用として考えればよいかと思います。
目ん玉釣り上げた走り方をするには全く不向きですが、ツーリングペースでは全く問題なく走れます。

走っていても軽いんですが、交差点で止まった時、満タンより少し減った程度で車体を左右に振ってみても、ガソリンタンクが重心位置に近いところにあるせいか慣性が残るようなことがなく、簡単に止めることができ軽さを感じることができます。

航続距離については魅力ですね。
CB1100がカタログ値27キロ/Lに対し、我が家のツーリング時の燃費は21キロ/Lなので、レートが0.78程度になります。
これを41キロ/LのNC700Xに当てはめると約32キロ/Lとなり、450キロ程度の足が確保できる見込みになります。
実際はガス欠が怖いので350キロ程度で給油をすることなると思います。

CB1100と比べてコストは結構抑えられます。
ガソリン、プラグ、ブレーキパッド、タイヤの寿命などは確実に安く済みます。
しかし、仕上げ面で我慢する個所もあります。
リアブレーキペダルとシフトペダルのメッキの質(下地処理の丁寧さの違い)
リアスイングアームのチェーン引きの仕上げがVTRの方が良い。

のんびりとしたツーリング主体で、車体の仕上げは気にしない方にはお勧めかと思います。

実際のところ『乗り換えたいな~』と感じた車種でした。


ですって。
私も、タンデムでぐるっと回りました。
CB1100より乗り心地だんぜん良いです
何といっても、お尻が楽。
タンデムバーも持ちやすい位置にある。
ヘルメットもコツコツ当たらない。
膝もきつくなく、楽に曲げた姿勢で乗ってられる。
ただ、乗り降りはしんどい。

あくまでも、私たちの主観です。

いやぁ、しかし、おとーさんのレポで気になった一文がありますね。
気づきました?最後の一文。
明日はお仕事だから、日曜日にまた来るようなこと言ってましたわ。

だれか、この おバカ につける薬持ってませんか?
あっ! もしかして、こんなこと聞いた私が おバカだったりして・・・



スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示