FC2ブログ
  美味しい食べ物と、美しい景色を求めて、まったりツーリング
プロフィール

mocchiママ

Author:mocchiママ
おとーさんと二人、大きいバイクからクロスカブ(緑・赤)に乗り換えました。
あっちへ行ったり、こっちへ行ったり。
たまには遠くへも・・・
トコトコとのんびり楽しんでいます。

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

2020年晩秋トレッキング  その③

2021.3.1

続きです。

2020.10.30

今日もいいお天気です。
お宿の駐車場の紅葉が美しい♪

IMG_20201030_092626_convert_20210301212358.jpg

いつもならバイキングの朝食なんですが、コロナの影響でセットになって出てきます。

IMG_20201030_073107_convert_20210301212302.jpg

これだけ・・・
いつもなら朝からこの3倍は食べます。
洋食を食べて、和食を食べて、デザート。。。
寂しいな。。。

さて、今日は移動日です。
最初に向かったのは、ビーナスライン。

IMG_20201030_093952_convert_20210301212418.jpg

白樺湖を見下ろす景色もいいものです。
そして、富士見台へ。

IMG_20201030_094948_convert_20210301212435.jpg

はるか向こうに富士山も見えました。
風は冷たく寒かった。。。
この後、原村の自由農園へ下見に行きました。
そして、八ヶ岳エコーラインを少しだけ走って、cafe attaca へ。
ちょっと早いですが、お昼ご飯です。
朝ご飯が少なかったもんで・・・

hirugohan_convert_20210301212245.jpg

安定の美味しさです。
八ヶ岳も美しい♪

次に向かったのは、安曇野ワイナリー

IMG_20201030_131455_convert_20210301212511.jpg

IMG_20201030_131431_convert_20210301212453.jpg

お正月用や、お使い物のワインを買い込みました。
この辺りには、たわわに実るりんごの樹がたくさんありました。

IMG_20201030_135833_convert_20210301212530.jpg

りんごがこんなに沢山木に成ってるのを見るのは初めてです。
美味しそう♪
さて、ここから北上します。
今回のお宿は、白馬です。
白馬に着いて、定点観測地へ。

IMG_20201030_152135_convert_20210301212545.jpg

寒々としたお天気でしょう。
寒かったです。
そして、大出公園へ。
ほとんど人は居てませんでした。

IMG_20201030_154016_convert_20210301212603.jpg

白馬の上の方は雪が降ってるのかな?
次に向かったのは、白馬の好日山荘。
昨日、木曽駒ケ岳に登ったとき、チェーンスパイクが必要だと思ったんです。
明日の為に買いに行きました。
幸い、おとーさんの靴に合うサイズもありました。
これで明日の準備OK

今日のホテルは、白馬ハイランドホテル。
温泉も気持ちよかったです。
夕食はバイキング。
密にならないよう時間をずらして案内してくれます。が、多かった。
取りに行くときは、マスクと手袋をしていきます。
手袋が面倒だったけど仕方ないですよね。

IMG_20201030_192308_convert_20210301212621.jpg

いろんな種類があって、なかなか美味しかったです。

夕食後、星空観測会がありました。
ホテルの駐車場に大きな天体望遠鏡が2台。
星空の説明をしてくれる方が来て、いろいろと教えてくれます。
この日はお月様がしっかり出てました。
お月様が明るすぎて、星が見にくかったです。
次第に雲も出てくるし。
それでも、織姫星、ひこ星、天の川、昴 など良く見えましたよ。
でも、むっちゃ寒かった。
私たちは山の防寒の服装だったのでさほどではなかったですが、他の方々は寒さで途中で帰られてました。
もちろん、私たちは最後まで星を楽しみました。

この空模様、明日のお天気がちょっと心配。
さて、明日はどこに登ろうかな。

つづきま~す。



スポンサーサイト



2020年晩秋トレッキング  その②

2021.2.28

木曽駒ケ岳 の続きです。

2020.10.29

8本爪アイゼンを付けて中岳を目指したんですが・・・
山小屋の辺りは雪が凍っててアイスバーン状態です。
ただ、ずっと雪があるわけでなく、ゴロゴロ岩の間に氷になってたり・・・
アイゼンでは爪が邪魔をしてむっちゃ登りにくいんです。
といっても、所々氷やし・・・
チェーンスパイクの方が良かったかも。
途中でアイゼンを外しました。

やっとたどり着いた中岳山頂

line_96068535653125_convert_20201215231225.jpg

こんな岩だらけですからね。
1歩1歩が大変です。
ここでとりあえずお昼にしましょう。
壮大な景色を眺めつつ・・・

IMG_20201029_131212_convert_20201215233402.jpg

さて、木曽駒ケ岳山頂は・・・

IMG_20201029_123749_convert_20201215231204.jpg

ここを下りて、また登ったところです!
見えてはいるんですが・・・
ここを下って、また登って、帰りは下って、この岩を登ってここまで・・・
時間は1時前。
最終のロープウェイは5時。
お宿のチェックイン 5時の予定にしてるし・・・
ここまでか・・・
でも、駒ヶ岳ブルー の最高の景色を見ることができたし、ここで引き返そう。

下りもなかなか大変でした。
思ったより時間がかかります。
浮石と、凍結。
足を滑らせても大変!
慎重に 慎重に。

無事 千畳敷駅まで帰り、ロープウェイ バスでしらび平へ。
いつものお宿に向かいます。

dinner_convert_20201215230920.jpg

もうお腹ペコペコ。
しっかり食べて、良く寝て。翌日に備えます。

つづきま~す。

スノームーン

2021.2.27

晴れ渡った夜空に満月が。
2月の満月をスノームーンと呼ぶそうです。

PXL_20210227_141515175_convert_20210227233637.jpg

すぐそばには 飛行機雲?

奥飛騨で雪遊び  その②

2021.2.23

続きです。

2021.2.21

今日のお宿は、栃尾温泉 『富久の湯』

PXL_20210222_000842347_convert_20210223144554.jpg

今回で3度目です。
リーズナブルなお宿でお気に入りなんです。
今日の宿泊者は、私たちを含めて3組 5人。
ほぼ、貸し切り状態です。
まずは、目の前の『荒神の湯』へ。

PXL_20210221_083701160_convert_20210223144428.jpg

いいお湯です。気持ちよかった。
そして、お待ちかねの夕食。

yuusyoku_convert_20210223145401.jpg

飛騨牛の陶板焼きをすき焼きに代えてもらいました。
おとーさんは、お肉3倍、私は2倍。
量もちょうど良く、美味しかったです。
ごはんもお代わり自由で、いっぱい食べました。
部屋に戻ってから内湯へ。
源泉かけ流しで気持ちいいんです。
布団にごろんとすると、すぐに寝ちゃいました。

2021.2.22

目が覚めたらもう7時過ぎ。
慌てて朝湯に行ってから朝食です。

PXL_20210221_223505486_convert_20210223144448.jpg

素朴な朝食ですが、これが美味しくて お代わりしちゃいました。
宿を出て向かったのは、平湯大滝。
以前行った時は、全く凍ってなかったんです。
車を置いて大滝まで歩いていくんですが、ゲレンデの横を歩いていくんです。
私たちはチェーンスパイクを付けました。
これが大正解!
ふつーに歩くことができます。
スパイクがないと、行きはいいですが、帰りはちょっと下りになってるので気を付けないと滑ります。

PXL_20210222_005139735_convert_20210223144631.jpg

気温は12℃  暖かいですね。

PXL_20210222_010934702_convert_20210223145055.jpg

平湯大滝は・・・

PXL_20210222_010143212_convert_20210223144649.jpg

凍ってます!
絶景!!!

この後、ちょっとお山に登ろうと思ってたのですが、時間がないので予定変更。
高山市内を散策することにしました。
月曜日だから人は少ないだろうとは思ってましたが・・・

PXL_20210222_023550863_convert_20210223145113.jpg

休業のお店も多かったです。

PXL_20210222_023719512_convert_20210223145132.jpg

ビックリしたのが 宮川朝市

PXL_20210222_025351944_convert_20210223145155.jpg

コロナの影響もあるけど、高齢化もあるんですって。寂しいですね。

飛騨牛のお寿司も少しだけ。
美味しかったです。

PXL_20210222_032233073_convert_20210223145213.jpg

あまりにもお天気がいいので、スカイパークに行ってみました。

PXL_20210222_051158860_convert_20210223145315.jpg

PXL_20210222_051133771_convert_20210223145256.jpg

PXL_20210222_051131488_convert_20210223145235.jpg

アルプスが一望できます。ここはお勧めですよ。

さぁ、そろそろ大阪に向けて帰りましょうか。
お昼ご飯 兼 夕食は郡上で『奥美濃カレー』を食べることにしました。
ところが、お目当てのお店はお休み。
ググって見つけたのが、『さんさろ』

PXL_20210222_080944044_convert_20210223145337.jpg

これは、私の グラタン風カレーオムレツ。
おとーさんは、鉄板焼きカレーオムライス。
奥美濃カレーは、『郡上地みそ』を隠し味に使用し、 コクがありながらもまろやかで深みがあるご当地カレーです。
美味しいですよ♪

8時過ぎ、無事大阪に帰り着きました。
帰ったとたん、くしゃみ!
花粉がスゴイ!!!

今回もお天気に恵まれました。
青い空と白い雪 最高です。
でも、今回も登頂することができなかった。。。
大阪からだと、どうしても登りはじめは10時過ぎになっちゃいます。
遅くても8時前には皆さん入山してるようです。
時間が足りなかった・・・

そして、想定外の暑さ。
水分はしっかり取ってたつもりですが、水分不足でした。
ハイドレーション 持って行ったらよかった。
それに、何といっても体力不足!
お宿に着いた時から、太ももの前が筋肉痛!
体がバキバキで動かなかった。
次までの課題です。

次はいつ行けるかな。

奥飛騨で雪遊び  その①

2021.2.23

昨日、お休みを取ってたので4連休でした。
土曜日には確定申告も終わり、ホッとしました。
どうやら日曜日、月曜日は春のような気温になるということ・・・
日曜日からの1泊2日なら人も少ないのでは?
と思い、早速お宿を取りました。
ただ、何件か電話をしたものの、休業中というところもありました。

2021.2.21

朝、4時前に出発。
近畿道から名神、東海北陸道へ。
天気予報では『晴れ』だったはずですが、どんよりしてます。
時々霧雨が・・・
『ひるがの高原SA』

PXL_20210220_213911613_convert_20210223142022.jpg

除雪はしてるものの、雪はたっぷり。

PXL_20210220_214040673_convert_20210223142037.jpg

この写真を撮った辺りは、ズボッと埋まります。
軽く朝食を取って、出発です。
この先は霧が濃くなってきました。
飛騨清見ICで下ります。
今回の目的の山の一つはこの近所だったんですが、霧で真っ白。
これでは無理だと思い、先に進みます。

PXL_20210220_232218997_convert_20210223142058.jpg

このままこんな天気なのか???
ところが、平湯温泉に着くころには青空が広がってました。

PXL_20210221_000902338_convert_20210223142122.jpg

車から1歩出てビックリ!路面はツルツルに凍ってます。
慎重に建物の中に。
すると、改装工事中でむっちゃシンナー臭い!
耐えれなくて、トイレだけ済ませて外に出ました。

ここから福地温泉に向かいます。
目的の山は、福地温泉の昔話の里から登る『福地山』です。
時間は10時前。
すでに駐車場はいっぱいで止めることが出来ません。
さぁ、どうしたものか。と その時、多分地元の方かな、こっちの場所に許可をもらったので止めて下さいと。
助かりました。
準備をして・・・しかし、暑い!
インナーシャツの上にジャケットで十分です。

PXL_20210221_011518293_convert_20210223142159.jpg

簡単そうに書いてますけどね。これがなかなか・・・

最初から8本爪のアイゼンを付けていきます。

2021_0221_10190300_convert_20210223141647.jpg

しっかりトレースがついてます。

2021_0221_10191200_convert_20210223141708.jpg

しばらく進むと、

2021_0221_10231800_convert_20210223141722.jpg

『氷のカーテン 青だる』

【青だるとは岩から滴り落ちる水が凍りついて、青い水の帯のように見える現象のことをいいます。
実際には山奥でしか見られない自然の産物を、福地温泉では沢の水を温泉街の木々に噴霧し、青だるを表現。】

暖かかったから、ちょっと融けかけてました。所々、ホースが見えてたり・・・
でも、美しかったですよ。
ここを過ぎると、九十九折の道が続きます。
これが思ってた以上の傾斜。

2021_0221_10321500_convert_20210223141739.jpg

しばらく進むと、『焼岳展望台』

2021_0221_11062300_convert_20210223141801.jpg

ここからの焼岳 美しかったです。

2021_0221_11065600_convert_20210223141820.jpg

ん?

2021_0221_11082500_convert_20210223141842.jpg

『獣』って、怖!

やっと、尾根コースと谷コースの分岐です。

2021_0221_12160600_convert_20210223141902.jpg

私たちは、尾根コースへ。
ここからも坂道キツイ!
おとーさんは、ズボズボと沈むので、ワカンに変えてます。
私は、アイゼンのまま。
ちょっと平坦な無然平に着きました。あれは・・・?

2021_0221_12482000_convert_20210223141919.jpg

大正時代に平湯分校の教師として奥飛騨に赴任し、社会教育の普及に努めた篠原無然の小さなコンクリート像のようです。
頭の部分だけが掘り出されてました。

まだまだ先は長いよ・・・
美しい景色に癒されながら、休み休み登っていきます。
もう、下りてくる人もぼちぼちいてますよ。

PXL_20210221_045103295_convert_20210223142257.jpg

第2展望台からは笠ヶ岳が見えますが、先客がいてたので帰りに寄ります。
ここから第3展望台までも私たちにとって急坂です。
そして、やっと到着、第3展望台。

PXL_20210221_051336928_convert_20210223144345.jpg

PXL_20210221_051341725_convert_20210223144406.jpg

これは、焼岳。

ここでお昼にします。
もう2時過ぎてます。
ここから30分ぐらいで頂上だそうですが、私たちなら40分は掛かるでしょう。
それに、頂上には後3人しか残ってないそうで・・・
私たちが食べてる間に2人?3人?下りていきました。
もしかして、私たちが最後か?
360度の絶景も見たいけど・・・
帰りのことを考えると、ここで引き返そう。

第2展望台まで下りて、

2021_0221_14382700_convert_20210223141958.jpg

笠ヶ岳

もう、これだけで十分です。
ここでお茶されてる方が2人いてました。
でも、結局追い抜かされて、私たちが最後だったんですけどね。

下りもきつい!雪が融けだしてて、ズボズボ沈みます。
沈むからと言って、ワカンを付けてたおとーさんですが、傾斜がきつく2回ほど滑り落ちたようです。
下りは私の方が早いんですよね・・・軽いから・・・
九十九折も中盤に差し掛かったころ、ちょっとアクシデントが。
おとーさんが太ももの内側が攣ったと・・・
ワカンからアイゼンに履き替え、ゆっくり下りてきました。
2時間掛からず下りることができたので、まぁまぁかな。

さて、ここから今日のお宿に向かいましょう。

つづきま~す。
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示